アンプ: 手軽に良い音で音楽を聞こう

2014年11月14日

テクニクスの古いアンプを引っぱり出してきたら、立派に動いた!

もう20年以上動かしていなかったテクニクスのアンプ「SU-4」を納戸から引っぱり出してきたら、なんと立派に動作したのに驚かされました。

Technics_SU4_1.jpg


小型で、出力段にパワーICを使用しています。

入力部には、フォノ入力がついています。

Technics_SU4_2.jpg


ボリュームはスライド・コントロール。

低音と高音それぞれにトーン・コントロールがつき、
左右のバランス・コントロールもついています。


こうして見ると、あまり古さを感じさせない雰囲気があります。

中身も、昔とは言えテクニクスですから、良い部品を使っているでしょう。


でも、あまりに古いので仕様が判らず、そこら中を探してみると、見つかりました。

(出力)Power output: 18 watts per channel into 8Ω (stereo)
(周波数レンジ)Frequency response: 10Hz to 60kHz
(歪)Total harmonic distortion: 0.8%
(ダンピングファクター)Damping factor: 27
(入力感度)Input sensitivity: 2.5mV (MM), 150mV (line)
(S/N 比)Signal to noise ratio: 72dB (MM), 97dB (line)
(チャンネル・セパレーション)Channel separation: 45dB (line)
(LINE 出力)Output: 150mV (line)
(スピーカー・インピーダンス)Speaker load impedance: 8Ω to 16Ω
(大きさ)Dimensions: 315 x 50 x 248mm
(重量)Weight: 3.1kg

デスクトップで使うには充分なスペックです。


これなら使えるということで、早速音出しをしてみると、
なんの不具合もなく鳴りました。

多分作られたのは30年以上も前だと思うのですが、
テクニクス恐るべし!
「新品を購入してきて、つないで鳴らした。」
というような感じで、あっけなく鳴りました。

動作しなくて元々と思っていたので、嬉しい誤算です。


音質は、現在メインで使っているデジタルアンプと比べると、
少し柔らかな感じに聞こえます。

ボーカルは結構臨場感たっぷりに聞こえます。
そして、高音がちょっと不足気味。


高音の鳴りが悪いのは、長年放り出していたため、電解コンデンサが劣化しているのではと思われます。

しばらく通電していれば、ある程度は自己修復してくれると思いますので、
ちょっと使い込んで行くことにします。


さて、これで
アンプが3種類(真空管アンプ、デジタルアンプ、そしてSU-4)
スピーカーが5種類(テクニクス、サワフジ、自作バスレフ、自作バックロードホーン)

いや〜、机の上が一杯になりました。

これから、
机の上を整理し、機材を並べ、聴き比べ。
をやっていこうと思います。

さて、どうなることやら。







音楽を聴きながら、ちょっと一杯、うまい酒を飲みたくなりませんか?
そんなうまい酒、中でもカクテルをメインにしたブログ「カクテル三昧 ー 酒の達人」を書いています。
ちょっと覗いて、酔っ払ってみてください。

でも、お酒だけではなく、水も美味しいものを飲みたいので、ミネラルウォーターに関するホームページ「ミネラルウォーターを飲もう」を立ち上げました。一度覗いてみてください。(地震などの災害時には水は絶対必要です。ミネラルウォーターの備蓄なども考えておきましょう)

音楽に酒にミネラルウォーターと、好きなことばかりなのですが、これでは身の回りが全然美しくならないので(雑然としているだけです)、せめて花でも飾ろうと考えています。そこで花について(特に長持ちする花について)調べたことをブログ「暮らしに花を」にしてみました。家中に花を飾ろうと思われた方は一度お立ち寄りください。
名曲を奏でられそうなピアノの形もあります。









人気ブログランキングに参加しました。
↓1クリックお願いします。
  にほんブログ村 音楽ブログへ
          にほんブログ村

トップへ戻る
posted by 音吉 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

エレキットの新製品ハイブリッド真空管アンプキット「CUBIC kit」はUSB入力に対応

イーケイジャパンの電子工作キット「エレキット」シリーズに、ハイブリッド真空管アンプキット「CUBIC kit」(TU-H82)が登場。



発売は、9月16日。
価格は、29,000円(税別)。

入力部に真空管、出力部にD級アンプを使用したハイブリッド構成のアンプの組み立てキット。
USB入力に対応しているので、パソコンと直接接続ができます。

AB級ヘッドフォンアンプも内蔵してます。


USB入力(48kHz/16bitまで)の他に、アナログ音声入力(RCA×1、ステレオミニ×1)にも対応しています。

パソコン接続時の対応OSは、Windows XP以降とMac OS X以降。

出力は、バナナプラグ対応のスピーカーターミナルと、ステレオミニのヘッドフォン出力。

外形寸法は 幅 88mm × 奥行き 117mm × 高さ 90mm。
重量は約790g。

コンパクトなキューブ型デザインで、縦置きでも横置きでも可能になっています。


ハンダ付けは不要で、ラジオペンチと付属の六角レンチで組み立てられるので、
アンプの組み立てキットは初めてという方でも、あまり苦労せずに組み立てられると思います。

真空管は入力部だけにしか使われていませんが、
ちょっと雰囲気の違うアンプになるので、
導入してみても楽しめると思います。


コンパクトながらもスタイリッシュで安定感のあるデザイン【ご予約受付中】EK JAPAN TU-H82 CUB...







音楽を聴きながら、ちょっと一杯、うまい酒を飲みたくなりませんか?
そんなうまい酒、中でもカクテルをメインにしたブログ「カクテル三昧 ー 酒の達人」を書いています。
ちょっと覗いて、酔っ払ってみてください。

でも、お酒だけではなく、水も美味しいものを飲みたいので、ミネラルウォーターに関するホームページ「ミネラルウォーターを飲もう」を立ち上げました。一度覗いてみてください。(地震などの災害時には水は絶対必要です。ミネラルウォーターの備蓄なども考えておきましょう)

音楽に酒にミネラルウォーターと、好きなことばかりなのですが、これでは身の回りが全然美しくならないので(雑然としているだけです)、せめて花でも飾ろうと考えています。そこで花について(特に長持ちする花について)調べたことをブログ「暮らしに花を」にしてみました。家中に花を飾ろうと思われた方は一度お立ち寄りください。
名曲を奏でられそうなピアノの形もあります。










人気ブログランキングに参加しました。
↓1クリックお願いします。
  にほんブログ村 音楽ブログへ
          にほんブログ村

トップへ戻る
posted by 音吉 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

マランツからピュアオーディオのCDプレーヤー「CD5005」とプリメインアンプ「PM5005」が登場

マランツが、ピュアオーディオのエントリーモデルとして、CDプレーヤー「CD5005」とプリメインアンプ「PM5005」を発売すると発表しました。


CDプレーヤー「CD5005」



プリメインアンプ「PM5005」


発売は7月中旬。
価格は、各32,500円。


CDプレーヤー「CD5005」
  DACに、上位機種「SA8005」と同じシーラスロジックの
  「CS4398」を採用。
  CDのメカエンジンも、上位機種「CD6005」と同様の
  新型メカを採用。

  基板上のグラウンドラインの最適化や、左右チャンネルの音質差を
  排除するために、徹底した左右等長、平行配置にこだわっています。

  こいつは、エントリーモデルと言えども、なかなか良さそうですよ。

  なお、音楽CDだけでなく、CD-R/RWに保存した
  WMA/MP3ファイルの再生にも対応しています。


プリメインアンプ「PM5005」
  こいつは凄いですよ、エントリーモデルとは思えません。

  フルディスクリート構成の電流帰還型増幅回路を採用。
  普通はIC(オペアンプ)を使用してプリアンプ部の初段を構成
  しているところを、フルディスクリート化したのです。
  これは上位機種の仕様です。

  パワーアンプ部ももちろんフルディスクリート。
  配線の引き回しも調整されています。

  上位機種に迫る内容ですね。



オーディオマニアではないけれど、
やはり良い音で音楽を聴きたい方にはお勧めできますね。

また、これからオーディオマニアに足を踏み込もうとしている方、
入門用にはぴったりだと思います。

見た目も良いし、価格も実売では3万円を切りそうなので、
コストパフォーマンスは抜群になりそうですね。

私も欲しくなってきました。



もう予約ができるようです。
【Joshinはネット通販部門1位(アフターサービスランキング)日経ビジネス誌2013年版】CD5005/FN...

【Joshinはネット通販部門1位(アフターサービスランキング)日経ビジネス誌2013年版】PM5005/FN...





CD5005 仕様
  再生周波数範囲:2Hz〜20kHz
  再生周波数特:2Hz〜20kHz(±0.5dB)
  SN比:110dB
  ダイナミックレンジ:100dB
  高調波歪率:0.002%(1kHz)
  ワウ・フラッター:水晶精度
  ヘッドホン出力:28mW/32Ω(可変最大)
  電源:AC100V、50/60Hz
  消費電力:14W
  スタンバイ時の消費電力:0.35W以下
  外形寸法:(幅)440×(高さ)105×(奥行)340mm
  質量:5.0kg
  付属品:かんたんスタートガイド、取扱説明書、リモコン、
      単4形乾電池×2、電源コード、リモート接続ケーブル×1
      音声ケーブル(RCAピンケーブル)×1


PM5005 仕様
  定格出力:40W×2(8Ω負荷)、55W×2(4Ω負荷)
  全高調波歪率:0.01%
        (20Hz〜20kHz両チャンネル同時駆動、8Ω負荷)
  出力帯域幅:10Hz〜30kHz(8Ω負荷、0.06%)
  周波数特性:10Hz〜50kHz+0dB、−1dB(CD、1W、8Ω負荷)
  ダンピングファクター:100(8Ω負荷、40Hz〜20kHz)
  入力感度/入力インピーダンス;
     ・PHONO(MM):2.2mV/47kΩ
     ・CD、TUNER、NETWORK、RECORDER:200mV/20kΩ
  PHONO最大許容入力:110mV(MM、1kHz)
  RIAA偏差:±0.5dB(20Hz〜20kHz)
  S/N比:
    ・PHONO(MM):83dB(5mV入力、1W出力)
    ・CD、TUNER、NETWORK、RECORDER:
          103dB(2V入力、定格出力)
  トーンコントロール:BASS(100Hz)±10dB、
            TREBLE(10kHz)±10dB
  電源:AC100V、50/60Hz
  消費電力:310W
  スタンバイ時の消費電力:0.3W
  外形寸法:(幅)440×(高さ)105×(奥行)370mm
  質量:6.7kg
  付属品:かんたんスタートガイド、取扱説明書、リモコン、
      単4形乾電池×2、電源コード



音楽を聴きながら、ちょっと一杯、うまい酒を飲みたくなりませんか?
そんなうまい酒、中でもカクテルをメインにしたブログ「カクテル三昧 ー 酒の達人」を書いています。
ちょっと覗いて、酔っ払ってみてください。

でも、お酒だけではなく、水も美味しいものを飲みたいので、ミネラルウォーターに関するホームページ「ミネラルウォーターを飲もう」を立ち上げました。一度覗いてみてください。(地震などの災害時には水は絶対必要です。ミネラルウォーターの備蓄なども考えておきましょう)

音楽に酒にミネラルウォーターと、好きなことばかりなのですが、これでは身の回りが全然美しくならないので(雑然としているだけです)、せめて花でも飾ろうと考えています。そこで花について(特に長持ちする花について)調べたことをブログ「暮らしに花を」にしてみました。家中に花を飾ろうと思われた方は一度お立ち寄りください。
名曲を奏でられそうなピアノの形もあります。










人気ブログランキングに参加しました。
↓1クリックお願いします。
  にほんブログ村 音楽ブログへ
          にほんブログ村

トップへ戻る
posted by 音吉 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会いの確率が高い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。