ティアックからUSB端子やフォノイコライザを内蔵したアナログレコードプレーヤー登場「TN-350」: 手軽に良い音で音楽を聞こう

2014年11月10日

ティアックからUSB端子やフォノイコライザを内蔵したアナログレコードプレーヤー登場「TN-350」

ティアックが、USB端子やフォノイコライザを内蔵したアナログターンテーブル/レコードプレーヤー「TN-350」を11月下旬より発売すると発表しました。




発売は、11月下旬。
価格は、オープンプライス。(52,000円前後)

カートリッジ交換が可能なユニバーサルタイプのスタティックバランス・S字型トーンアームを装備。
しかもオーディオテクニカ製でAT100E相当のMM(VM)型カートリッジが装着済みで出荷されます。

また、MM型のフォノイコライザを本体に内蔵しており、フォノ入力を持たないアンプにも直接接続してレコードを聴くことができます。

その上、USB出力とTI製のADコンバータを内蔵していて、アナログレコードの音を48kHz/16bitのCDクオリティでパソコンに録音することができます。
  対応OSはWindows 7/8/8.1と、OS X 10.7/10.8/10.9。

ターンテーブルの回転数は33 1/3回転と、45回転を切り替え可能。


本格的なアナログレコードプレーヤーで直接PCに接続できるのは魅力的ですね。

手持ちのアナログレコードをデジタル化したい方に最適かもしれません。

TEAC アナログターンテーブル チェリー TN-350-CH


TN-350仕様
ターンテーブル部
  駆動方式:ベルトドライブ
  モータ: DCモータ
  回転数: 33 1/3回転、45回転
  回転数偏差:+/–2%
  ワウ・フラッター: 0.2%
  S/N比:67dB以上(A-weighted、20kHz LPF)
      60db以上(unweighted、20kHz LPF)
  プラッター材質:アルミ・ダイカスト製
  サイズ:直径30cm
トーンアーム部
  形式:スタティックバランス型S字トーンアーム
  実効アーム長:223mm
  針圧可変範囲:0〜5g
  適用カートリッジ質量:3.5〜6.5g
  アンチスケーティング調整機構:あり
カートリッジ部
  形式:MM型(audio-technica製 AT100E相当を工場出荷時に装着済)
  出力電圧:4.5mV +/–3dB
  針圧:2.0g +/–0.5g
  カートリッジ質量:5.7g +/–0.5g
  付属ヘッドシェル質量 :10g
フォノイコライザーアンプ部
アンプ形式: MM型(オン/オフ切替式)
アナログ出力
  端子:RCAピンジャック(金メッキ)
  出力電圧:フォノレベル/ラインレベル切替式
    フォノ出力時:4.5mV +/–3dB
    ライン出力時:120mV(–13dBV)
USB出力部
  端子:USB B端子
  出力信号:PCM 48kHz/16bit
  対応OS:Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、
      OS X Lion(10.7)、OS X Mountain Lion(10.8)、
      OS X Mavericks(10.9)
電源:AC 100〜240V、50/60Hz
消費電力:1.5W(スタンバイ時0.5W以下)
外形寸法:420(W)×117(H)×356(D)mm (突起部含む)
質量:約4.9kg
付属品:ラバーシート、ドーナツ盤用アダプター、カウンターウエイト、
    ヘッドシェル(audio-technica製AT100E相当を装着済)、
    プラッター、ダストカバー、ダストカバー用ラバーフット x2、
    ヒンジ x2、オーディオケーブル、USBケーブル、
    ACアダプター(GPE053A-120050-Z)、取扱説明書(保証書付)







音楽を聴きながら、ちょっと一杯、うまい酒を飲みたくなりませんか?
そんなうまい酒、中でもカクテルをメインにしたブログ「カクテル三昧 ー 酒の達人」を書いています。
ちょっと覗いて、酔っ払ってみてください。

でも、お酒だけではなく、水も美味しいものを飲みたいので、ミネラルウォーターに関するホームページ「ミネラルウォーターを飲もう」を立ち上げました。一度覗いてみてください。(地震などの災害時には水は絶対必要です。ミネラルウォーターの備蓄なども考えておきましょう)

音楽に酒にミネラルウォーターと、好きなことばかりなのですが、これでは身の回りが全然美しくならないので(雑然としているだけです)、せめて花でも飾ろうと考えています。そこで花について(特に長持ちする花について)調べたことをブログ「暮らしに花を」にしてみました。家中に花を飾ろうと思われた方は一度お立ち寄りください。
名曲を奏でられそうなピアノの形もあります。










人気ブログランキングに参加しました。
↓1クリックお願いします。
  にほんブログ村 音楽ブログへ
          にほんブログ村

トップへ戻る
posted by 音吉 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プレーヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408656338
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
出会いの確率が高い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。